肌荒れ対策! 肌荒れのことご存知ですか?

肌荒れ基本対策

洗顔

洗顔は大事な肌荒れ基本対策の1つです。何しろ、洗顔は毎日行う肌に直接触れるスキンケアですから。洗顔は肌質に大きな影響を与えます。

肌荒れ対策としての洗顔では洗顔方法、そして洗顔アイテムを見直してみて下さい。まず洗顔方法ですが、当然ゴシゴシ洗いは禁物。できるだけ摩擦を起こさないよう泡で洗うように心がけましょう。

皮膚の上で洗顔料を泡立てるなんてもっての他ですし、泡ネットなどで丁寧にたっぷり泡立てる作業を惜しまないようにして下さい。もちろん「予備洗い→泡立て→洗顔→すすぎ」の手順に沿って顔を洗いますが、前後の予備洗いとすすぎでも水は流しっ放しにしてしっかり洗うのがコツです。

肌荒れ対策に最適な温度は肌質にもよりますが、冷水~30℃以上を超えないよう要注意です。熱いシャワーで髪や身体を洗うついでに洗顔も済ませてしまう、なんて乱暴な方も少なくないようですが、温度の高過ぎるお湯は皮膚にダメージになり肌荒れの原因になるので避けるべきです。

そして洗顔アイテムに関しては、どんな製品を使うのか、と言う内容の問題以前に保存状態に気をつけることが重要です。元々石鹸はカビの多いバスルームや洗面所に置かれることが多く、特に最近愛用者が増えている無添加石鹸は保存に注意しなければなりません。

石鹸についたカビで肌荒れを引き起こさないよう、乾いた場所に保存する癖をつけましょう。それに洗顔料の量も多過ぎると肌の負担となって肌荒れの原因になりますから、少々毎回適量を見極めて下さい。1プッシュ式の洗顔料がおススメできないのは、日によって皮脂量や汚れ具合は違うのにも関わらず、常に一定量しか出ない仕組みだからです。